年下とエロイプして実際に楽しんだ話

僕は、フリーランスで働く32歳です。
最近妻がエッチを拒むので、オナ電してみました。
相手は、22歳と若く、エロさが漂いまくりでした。
わざと、谷間が見えるようにして現れました。
「お前、エロいな」と言うと、その女の子は、喜んでいました。
「そんな谷間、見せてきて、おっぱいも見せたいんだろう」と僕が言うと、「やだー、恥ずかしい」と言いつつ肩紐を下ろし、おっぱいを見せてくれました。
「可愛い、おっぱいしてるな。吸い付きたいよ」といやらしい言葉を浴びせさせました。
それから、その女の子の下半身が写りました。
太ももがムチムチで柔らかそうでした。
「いい太ももしてるね。触りたい。舐めたい」と僕は言いました。
「そして、お尻も見せて」と言いました。
「女の子は、やだ。恥ずかしい」と言って、僕が、「本当は見せたいでしょう」と言うと、お尻を見せてきました。
小さなパンティーにぷりんとした可愛いお尻でした。
「パンティー、脱いじゃってよ」と言いました。
「ダメよ」と女の子は言いました。
「いいでしょう。好きなんでしょう」と僕は言いました。
そして、その女の子はそっと、パンティーに手をかけました。
「ああ、なんて最高なエロい身体なんだ。君とエッチがしたいよ。僕のアレが本当は君も欲しくてたまらないんだよね。」と言いました。
女の子は、おまんこを触り始めました。
「そうなんだね。欲しいんだね。そうだ。これからホテルで楽しもう。」
と言いました。
この女の子と実際にホテルで会えました。
そして、実際に、バックで何度もやらせてもらいました。