年下とエロイプして実際に楽しんだ話

僕は、フリーランスで働く32歳です。
最近妻がエッチを拒むので、オナ電してみました。
相手は、22歳と若く、エロさが漂いまくりでした。
わざと、谷間が見えるようにして現れました。
「お前、エロいな」と言うと、その女の子は、喜んでいました。
「そんな谷間、見せてきて、おっぱいも見せたいんだろう」と僕が言うと、「やだー、恥ずかしい」と言いつつ肩紐を下ろし、おっぱいを見せてくれました。
「可愛い、おっぱいしてるな。吸い付きたいよ」といやらしい言葉を浴びせさせました。
それから、その女の子の下半身が写りました。
太ももがムチムチで柔らかそうでした。
「いい太ももしてるね。触りたい。舐めたい」と僕は言いました。
「そして、お尻も見せて」と言いました。
「女の子は、やだ。恥ずかしい」と言って、僕が、「本当は見せたいでしょう」と言うと、お尻を見せてきました。
小さなパンティーにぷりんとした可愛いお尻でした。
「パンティー、脱いじゃってよ」と言いました。
「ダメよ」と女の子は言いました。
「いいでしょう。好きなんでしょう」と僕は言いました。
そして、その女の子はそっと、パンティーに手をかけました。
「ああ、なんて最高なエロい身体なんだ。君とエッチがしたいよ。僕のアレが本当は君も欲しくてたまらないんだよね。」と言いました。
女の子は、おまんこを触り始めました。
「そうなんだね。欲しいんだね。そうだ。これからホテルで楽しもう。」
と言いました。
この女の子と実際にホテルで会えました。
そして、実際に、バックで何度もやらせてもらいました。

ロリ巨乳とエロイプからのカーセックス

Hが大好きで、オナニーは毎日してると言うカナと仲良くなり、メールよりも話したいと言われたのでスカイプする事に。
カナは童顔、低身長だけど巨乳という感じ。
最初は他愛の無い話から、徐々にエロい方向に。
スリーサイズ聞いたり、好きな体位聞いたり、オナニーのオカズなんかも。
話しながらカナは、ムラムラしてきたらしく濡れてきたとか言うのでオナニーしてよと言うと触りだしたようで喘ぎ声が出始めます。
クリ触ってるの、中を弄ってるよ、オマンコ気持ち良いのと実況して少しするとイってしまいました。
気持ち良かった?と聞くと本物が欲しいとおねだりです。
幸いに、車で行ける距離なので会う事に。
待ち合わせ場所に着くと、カナは既に待っていました。
車に乗せて、ホテルに行こうとしましたが、カナが我慢出来ないとズボンの上からおちんちんを触りだします。
危ないので人気の無い駐車場に車を止めて、カナにキスをします。
舌を絡めて口内を舐めたりしながら、巨乳を揉んで行きます。
カナは器用にズボンからおちんちんを出して手コキしてきます。
オマンコは既にヌルヌルで準備万端なので助手席のカナに覆い被さりそのまま挿入しました。
カナは本物気持ち良い、いつもより気持ち良いとか言いながら感じています。
締まりが良く、ヌルヌルのオマンコは気持ちよく腰が止まりません。
巨乳を揉みながら動くと一層気持ち良さそうです。
イきそうになるとそのまま中に出してと言われ、一層激しく動いてカナがイったのと同時にたっぷりと中出ししました。
カナはまたしてくれる?と言うので良いよと答えキスをしてその日はおわりました。
カナとはセックス出来ない時はオナ電をして、出来る時はたっぷりとセックスをするという関係になりました。

エロイプは信用ある相手だけにしておいた方が無難です

スカイプ友達募集の掲示板にコンタクトの募集を掲載した所、
一人の女性と仲良くなる事ができました。
洋楽が好きだったので音楽の話を通して交流が深める事ができれば良いと思っていたのですが、
時間が経つに連れて気さくに話すようになって行き下ネタを話すようになりました。
そこまで打ち解けてしまうとオナ電になる事が多いのですが、
流れの中で自然に癒し合う関係になって行きました。
最初は音楽の話をしてみたり話題になっているニュースで語り合っているのですが、
最後にはオナ電でスッキリして寝るのがお決まりのパターンです。
彼女には他にもオナ電をしてる人がいたのですが、
その場の雰囲気とノリで男を決めていたらしく、
数人のオナ電フレンドが存在をしていたのです。
オナ電が終わった後に今日は二人目だったので疲れたと言い出し、
先にやっていたと告白をする事もありました。
そんなある日の事です、彼女から連絡があり大変な事になってしまったと言われ話を聞いたのです。
彼女の顔写真がネットに掲載をされてしまい意味不明なコンタクトが届いて怖いと言う事でした。
ネットを使いコンタクトIDで検索をすると彼女のプロフィールが顔と共に映し出され、
彼女の事が書いてあったのです。
淫乱女ここにあり、ぜったいにやれるのでアクセスしよう、
とスカイプIDと共に掲載されているのです。
もちろん彼女が書いた訳でもありませんし掲載をする事もありません。
誰かが勝手にIDを流出させてしまい、恨みなのか嫌がらせなのか判りませんが、
彼女のプライベートな事を載せながら書き込まれていました。
おかげで一日中コンタクトの追加が飛んでくる様になり、
やらせて欲しいと言うメッセージが止まなくなったのです。
どうしようと相談をされたのですが、
このままではアクセスが増え続けてしまうだけですので、
新しいIDを作り直すことで解決をさせました。
今までにオナ電を数人の方とした事がありますが、
お互いの合意が合った上でエッチの流れになっていましたので、
私自身は被害には合った事はありません。
絶対に二人だけの秘密だと約束を出来る方とオナ電をするのが大切ですし、
恨みを買わない行ないをしなければいけないと感じました。